願うは徒然ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年の勉強方法

<<   作成日時 : 2012/11/20 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年の行政書士試験の勉強を大雑把に振り返ります。

4月:何やってたかな?
5月:行政法のまとめと過去問
6〜7月:民法と憲法のまとめと過去問
8月:商法・会社法のまとめと過去問、基礎法学、一般知識
9月:記述式、模試
10月:今までの復習、過去問、模試LECスパルタゼミLECオータムトレーニング

しんいちは以前突破塾というネットで評判の通信講座を受講しました。といっても、一括で1年間受講したわけではなく、まともに終わったのは憲法と民法くらいだったかもしれません。

【いいところ】
・説明が詳しく理解しやすい。
・安い。

【気に入らないところ】
・説明の文章が長い。
・科目ごとに分冊になっている。
・索引がない。
・というわけで、後から見直すときに不便。

また、何年も憲法からやり始めて、途中で挫折してしまうので、憲法だけは何回かくり返し勉強していたというのがあります。

そして、前職は中学校の教員なので民法や会社法は不慣れで、どちらかというと行政法の方がすんなりと頭に入ってきます。

そこで、今年は突破塾の過去の教材とLECの合格基本書を併用して、自分なりにノートにポイントをまとめていきました。時間がかかり途中で挫折してしまう可能性も高い方法だけど、自分にはやっぱり合っているかもしれません。かなり回り道かもしれないけど…。まとめたところを確認がてら過去問をこなしていきました。

一通り見終わって、過去問も2回くらい回したあたりで記述式の本をやってみたり、LECや東京法経学院の模試をやりました。模試の復習は2回。

直前期はLECのスパルタゼミで司法試験の問題を見てたり、同じくLECのオータムトレーニングで直前の復習ポイントをおさらいしました。他の試験からの流用や試験委員の分析、出題予想は自分でやると労力がかかるので、少しお金出してもプロに任せます。

時間があれば会社法や地方自治法ももっとじっくり読んでみたり、判例百選も読んでみたかったです。

結果として記述抜きで154点。

記述式の予想ではLECよりも東京法経学院の模試に軍配が上がりました。時間があればひとつの予備校に固執せず、いろんな問題を見てみるのも手だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年の勉強方法 願うは徒然ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる